香川県私立認可保育園連盟

法人の目的

この法人は、主として認可保育園の保育者の資質向上に関する事業を行い、併せて香川県内の民間保育事業の振興及び発展を図り、もって児童福祉の増進及び子育て支援事業等、地域における福祉サービスに寄与することを目的としています。

現況


香川県下の私立認可保育園93施設(平成30年度現在)で構成している団体です。多様化する保育業態の中で、施設長及び職員の資質向上のために、研修会を開催しています。

又、平成30年度より、処遇改善に伴う【保育士等キャリアアップ研修】を、香川県の委託事業として開催いたします。

活動方針

保育士等の8分野のキャリアアップ研修については、理事及び研修委員が協働で研修内容や開催時間等を担当講師と連携をとり、保育士等に更なる専門的な学びの機会が与えられるよう会として努力する。

又、年々事務量が増え、正式に職員として認められていない事務員を自費で雇用しなければいけない状況なので、何としても事務員を雇える状況にして頂けるよう訴えていくようにしなければならない。

panerai fake watches floral bridesmaid dresses omega replicas ralph lauren long sleeve omega replicas watches

活動記録

沿革


昭和27年私立保育所連盟を結成、昭和38年1月には「財団法人香川県民間保育所振興会」として財団法人認可を受ける。当初加盟施設が27ヶ園であったが、各地に増設され現在に至っている。昭和42年3月には、『保育香川』を発刊。(題字: 香川県知事金子正則)。平成20年には、「財団法人香川県私立認可保育園連盟」に名称変更を行う。平成25年3月には、法人改革に伴い、「一般財団法人香川県私立認可保育園連盟」となる。平成30年現在の加盟施設は93ヶ園である。

機関誌『保育香川』のバックナンバーを見ることができます


スーパーコピー 時計 販売 スーパーコピー時計